稲毛東京ベイカップ・オープンヨットレース開催しました[2019.8.17]

0

     7年目を迎えるテーザー稲毛F、レーザー東京ベイF共同開催による『稲毛東京ベイカップ』、今年も8月の夏休み真っ只中に開催されました。超大型の台風10号が四国・中国に上陸、日本海を北上した関係で、前日は瞬間最大風速20m以上の強風で海は大荒れ、この日の朝も強風が残った状態でしたが、一応“帆走注意”のイエローフラッグということで、開催することにしました。但し、いつもたくさん出てもらえる中学生達は、安全面を考慮し参加回避。テーザー軍団の参加も無く、ユースは稲Jr齋藤君とCYBC藤森君のみとなり、ちょっと寂しいいつものISTとなりました。
     レース前、1つハプニング発生!! 桟橋に着けたヌーボーが水船になり傾いています。水を掻き出しつつ、皆で何とか引き上げましたが、上げてみると何とドレンコックが締まっていませんでした。出艇前、真っ先にドレンとスパナを出したはずなのですが、暑さのせいでボケちゃったか?何故か自分で片付けてしまったようです。大変失礼しましたm(_ _)m 幸いにもバッテリーは死んでおらず、エンジンも元気なままだったので、事なきを得ました。
     レースの方は、スキッパーズミーティングで大西レース委員長が宣言したとおり、ロングコース&コース1の3周コースを計4R。普段からショートコースに慣れてしまっているTBFメンバーは、もうヘトヘトで、お腹いっぱいです。
     結果シングルハンドのラジアルISTを制したのは、稲毛Jrの齋藤君で、ユース選手がISTで優勝したのは彼が初だと思います。2位は、意地を見せて食い下がったものの、1点差で佐藤潔選手。3位は、1R目のTopフィニッシュがOCSでフイになった佐々木選手でした。フェーン現象により35℃オーバーの猛暑日になったせいもありますが、レース後の暑気払いでのビールは最高でした!! (よ)

     

    <シングルハンド結果> ⇒
    1位:齋藤    1-3-1-3     ( 8点)
    2位:佐藤潔 2-2-4-1     ( 9点)
    3位:佐々木 OCS-1-2-2 (15点)
    4位:佐藤孝 3-5-5-5     (18点)

     

    (写真上:若さ溢れるスーパーハイクアウト
     写真中:フリーで並走する両選手
     写真下:優勝して賞品総取りの齋藤君)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM