梅雨真っ只中、第4回IST開催[2018.6.23]

0

     前週は豪雨&強風でしたが、ISTが行われた日曜日は、今にも雨が降り出しそうな曇空!
    出艇して暫くは無風のため風待ちでしたが、東の海面が少し黒っぽくなった頃、県連のゴムボートが、一気に走ってマークをサッサと打ちます。
    聞くと420の国体予選らしい。公式レースなら仕方ないので、左海面から右海面にお引越しして、コース設定!
     第1R、微風かつ30度くらいは、定期的に振れている状況でしたが、下スタ目でスタート。潔さんが快調に滑りTop!
    第2Rに向け、南南東方面に大きく振れたので、マークの打ち替えをしようとしたところ、ここでトラブル発生!何と快調に回っていたヌーボーのエンジンがかかりません(>_<)
    セルモーターは、ウィーン...と言っていますが、着火する気配がありません。仕方がないので、本部船は固定し、マークの打ち替えをレース艇にお願いし、何とかコース設定できました。
    佐々木さん、ありがとうございました。
     第2R、このレースも下スタ目でスタートし、潔さんがTop!
    第3Rに向け、再び風が振れ戻ったので、マーク打ち替えをしていただき、風も心地よい順風になった来たので、コース1でレース実施。
    このレース、佐々木さんが快走!!それに続いて見目さんがスタンダード軍団を抑え途中まで2位と健闘していました。
    第4R、時間もあまりないので、コース2でレース実施。
     結果、3レース目の途中でミスった他は、ノーミスの走りで佐藤潔選手が優勝。2位は佐々木選手、3位はデューク佐藤選手となりました。
    すべてのレース、スタートで攻める選手が多く、特に境港World行きを決めた見目選手がラインを引き上げ、リコールあるいはゼネリコの元となっていたようです。閉会式時、テーザー山村さんから、追い潮があったのが原因と聞き納得しました。
    レース後、マークは潔さん、佐々木さん、山村さんに回収してもらい、身動きとれないヌーボーは、ハーバー救助艇に曳行され無事に帰港しました。
    皆さんの協力に感謝するとともに、TBFのチームワークの良さを感じるレースとなりました。 (よ)

     

    <結果> 成績表 ⇒
    1位:佐藤潔 1-1-2-1 ( 5点)
    2位:佐々木 3-2-1-2 ( 8点)
    3位:佐藤孝 2-3-4-3 (12点)
    4位:諏訪  4-4-6-5 (19点)

     

    (写真中:スタートを積極的に攻め込む見目選手
     写真下:安定の走りの佐藤潔選手と2位佐々木選手)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM