2016 Laser Masters World Championship - Radial に目黒さん参戦!

0

     4月20日から4月30日までメキシコで開催されたマスターズワールドに目黒さんが参加してきました。以下、現地レポートです。
    開催地のプエルトバラータはメキシコ随一の穴場リゾートと評され、太平洋に面し緯度はほぼハワイと同じで日本との時差が12時間。4月20日午後2時到着。日本時間は草木も眠る丑三つ時に35℃の炎天下は少々眩しい。
    4月24日から30日までの7日間、途中一日の休みを入れて毎日2レース、合計12レースが滞りなく開催された。
    朝は殆ど無風。毎日12時を過ぎるころから太平洋岸から間違いなく南西のシーブリーズが入る。
    今年はラジアルとスタンダードが別々に開催され、一昨年フランスのイエール大会での参加艇500と比べ、今回はラジアルのみ140艇とこじんまりしている。

     AP/MS(45艇)、GM(40艇)、GGM/75+の3のグループが13時から順番にスタート。その頃には5〜7m/sに風が上がり、第2レースのころには7〜最大12m/sまで上がる。小兵揃いの日本勢には厳しい海況だった。
    当方の所属するGGM(Great Ground Masters)クラスは65歳〜74歳まで35艇が参加。
    第一日目は、レース開始直後から10m/s以上の強風となり軽量級の自分は、限りなくビリに近い31位と32位、翌日はやや風が落ち23位、29位、3日目の21位、15位となり、4日目は休息日。
     少しずつ慣れてきたので風が5m/s前後の7レース目11レース目で7位、5位とレースに参加している実感はあったが、それ以外は沈をしなければ良い事にし、いつも同じ仲間と30位前後にフィニッシュし、お互いの健闘をたたえ合う日々が続いた。
    結果として総合26位だったが、マスターズは健康でレーザーを楽しむオッサンたちのお祭りなので、色々な世界中の同好の士と会えるのも楽しみの一つ。
    40年前、アブダビ在勤時代にドバイのレースで競い合った英国人のRoger Smith もGGMでマスターズの常連。お互いに旧交を温めるのも楽しみの一つ。  (め)

    results  ■photo

    (写真上:GGMクラス_TBF;目黒選手
     写真中:GMクラス_逗葉;北川選手、下関F;三吉選手
     写真下:MAクラス_札幌F;手代木選手)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM