2018年東京湾選手権開催[2018.4.1]

0

     毎年さくら春恒例の東京湾選手権が4/1(日)開催されました。
    前日に実施しているプラクティスレースも定着し、16名が参戦してくれました。
    暑いくらいのポカポカ陽気で、東京湾らしい軽風で肩慣らし!ここでいい滑りを見せていた選手が、当日本番でも活躍されていました。プラクティスレース後、TBFメンバーの都選手宅にて前夜祭も実施。自慢の庭でBBQをした後、夜遅くまで宴会。ライバルである数少ない20代の若者たちに熱燗酒を勧める都選手の作戦に、まんまとH田君が撃沈下向き 翌日の出艇には至りませんでした。
     翌日の4/1(日)、"稲毛の風予報"では吹き上がる予報。とはいえ、前週のISTでは、超突風台風予報が外れているので疑心暗鬼...ラジアルにリグチェンジをしたのは、土曜日に新艇を持ち込んだ佐藤潔選手!結果的には、これは正解でした。
    第1R:いつもならのんびり風待ちからStartする東京湾ですが、軽風のGoodなコンディションで、予定通りStart!ラジアルで気の早る2選手がリコール。 第2Rも同様の軽風でしたが、後半、徐々に吹いてきました。
    第3R-第4R:風予報が的中し吹き上がってきたため、沈艇も続出!もうお腹いっぱいなので、赤い旗赤旗にならないかな?と願いましたが、ハーバーもレースが終わるまでイエローフラッグのままで通してくれました。コース1のロングコースで4R消化!いつもの消化不良ではなく、十分に堪能していただけたかと思います。
     レース結果としては、スタンダードクラス、地元稲毛の島本選手と元稲毛の大工選手がタイブレークの接戦となりましたが、島本選手が制し優勝!王冠2 前夜祭のアルコール攻撃にも倒れず、2日間に渡るレースを纏めました。3位には江ノ島F堀田選手が入賞。
    ラジアルクラスは、江ノ島F小屋選手が優勝!王冠2 第1RのUFDはありましたが、その後のレースはオールTop!頭一つ抜けていました。2位3位は、タイブレークとなりましたが、地元TokyoBayの杉田選手と山本選手が入賞しました。
    前日のプラクティスレースによる冬眠明け練習、前夜祭でのおもてなし兼ライバルの潰し合い?、ジュリーボートによるオンザウォータジャッジなどが定着してきました。
    来年も春一番レースとして開催予定ですので、各地からの遠征をお待ちしております。 (よ)

     

    <スタンダード>
    1位:島本    1-2-(2)-1 ( 4点)
    2位:大工    2-1-1-(3) ( 4点)
    3位:堀田    (5)-3-3-4 (10点)
    4位:都       3-6-(6)-2 (11点)
    5位:宮田    4-5-4-(5) (13点)
    6位:佐々木 (8)-4-5-6 (15点)

     

    <ラジアル>
    1位:小屋 (UFD)-1-1-1 ( 3点)
    2位:杉田 (UFD)-2-5-2 ( 9点)
    3位:山本英  (6)-3-3-3 ( 9点)
    4位:佐藤潔  1-5-(6)-4 (10点)
    5位:三浦     4-4-2-(5) (10点)
    6位:目黒     (7)-6-4-6 (16点)

     

     

    (写真上:都選手宅の前夜祭でバーベキューを堪能!
     写真中上:スタンダード優勝!島本選手
     写真中下:ラジアル優勝!小屋選手
     写真下:カメラ集合写真!みなさんまた来年お会いしましょう)


    2018年開幕戦・第1回IST開催[2018.3.25]

    0

       東京のさくら桜も満開になり、各地ともお花見で賑わう日曜日、TBFのフリートレースが開幕を迎えました。この日、朝からガスっていて、風も吹きそうに無いコンディション。ただ、ハーバーの天気予報は、Max14m?台風まで一気に吹き上がる予報!windguruを見ても、吹いても5m程度の予報のため、ハーバーの予報を信じるか?信じないか?でリグ選択に迷いました。
      結局、信じない派(STANDARD)の方が、少し多かったようです。
       海上に出てスタート予告時刻になっても西風ながら定まらず回答旗掲揚!その後、北北西方面からようやくブローが入って来たので、マークをくるりと打ち変え第1Rスタート。第2Rも同様の風軸で行いますが、みなさんスタートから団子状態で抜きつ抜かれつのレース展開。第3Rでは、下スタ有利でスタートしますが、その後大きく左に振れ、上マークまでクローズリーチのレース。逆にサイドマークへは、クローズホールド。そんな状況下、下マークを回航したTop集団が、マークを間違え仮想上マーク(サイドマーク)に向かって上り始めます。早めに気がついた佐々木選手は、Topで走りきりましたが、佐藤潔選手は4位まで順位を落としました。
       最終の第4Rは、南西に回った5-6mの風が入ってきました。上位3艇が熾烈なTop争いを演じる中、最終サイドマーク付近で佐々木選手が沈!逆に佐藤潔選手がTopフィニッシュを決め、佐々木選手絶体絶命ながら、沈起こし後の根性のプレーニングで、何とか4位でフィニッシュ!
       結果、1位2位がタイブレークながら、佐々木選手が逃げ切り優勝チョキ 佐藤潔選手が2位、杉田新Capは、安定した走りで3位となりました。来週4/1(日)は東京湾選手権!前日の3/31(土)にはプラクティスレースもあります。みなさま、気をつけて車(RV)お越し下さい。
      ps.最近のTBFは、新艇ラッシュ!黒船の都艇に続き、この日は、英二さんが新艇でISTチャレンジ!佐藤潔選手も来週には進水。
      東京湾での滑りが楽しみですね。 (よ)

       

      <結果> 成績表 ⇒
      1位:佐々木 1-4-1-4  (10点)
      2位:佐藤潔 3-2-4-1  (10点)
      3位:杉田  2-6-2-2  (12点)
      4位:佐藤孝 4-1-10-3(18点)
      5位:芳野  7-3-3-5  (18点)
      6位:田口  5-9-5-5  (24点)

       

      (写真中:昨年IST年間優勝の佐々木選手!好調だけに口も滑らか
       写真下:新艇の進水式!ピカピカぴかぴかです)


      ボートショー2018

      0

        毎年恒例のボートショー、今年もパシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナの2会場に分かれて開催です。
        例年展示しているLaserはなく、ちょっと寂しい感じ。代わりに宇宙船みたいなLEXUSボートや、波の衝撃を和らげるサスペンションボートなどが目を引きました。
        グラインダーチャレンジやってみましたが、かなり重い負荷がかかります。自分は112rpmでしたが、早福選手の185rpmは驚異の数値ですね。
        横浜ベイサイドマリーナでは、2億-3億の超豪華クルーザーが浮かんでおりましたが、とても手が出せません。最後は都オーナーのRUIFAN艇でワインをご馳走になりました。 (よ)

         

         

         


        2018年 謹賀新年

        0

          かどまつ明けましておめでとうございます。
          今年のお正月は、天気は良いのですが北風が強く、寒さが身にしみるような天候。
          毎年恒例の“初乗り会”は、1/4のハーバー開きの日は、仕事始めの会社も多いということで、第一土曜日の1/6に実施されました。
          今年からキャプテン交代になり、これが初仕事のイベントとなる杉田新キャプテンからのレポートをアップします。
          「寒い」という予想通り、凍結で電車は遅延、水たまりには氷が張り、これじゃビールビールは飲めない!!という気候の中、初乗り会を実施しました。
          寒さのせいかほとんど熱燗酒は進まず、各自艤装後、安全祈願、10時30分に写真撮影、出艇となりました。一方、海上では、全く風が吹かず終始2m/s以下の中、〇〇さんが本年初完沈を披露しました(それでもトップフィニッシュ)。
          風は弱かったですが、比較的暖かく感じる中、ほのぼのした初乗り会でした。 (す)

          (写真:新旧Cap含む6名が参加し、初船セーリングを堪能!)


          IST最終戦 & TBF年次総会・年間表彰式開催[2017.12.2]

          0

            12/2(土)今年最後のISTが行われました。前回までのIST年間成績でいうと、佐々木選手にマジック点灯、潔選手、芳野選手、山本選手が、すべて1点差の僅差で2位争いと、熾烈な戦いの予感。普段ラジアルで気軽に走る英二さんもスタンダードで真剣勝負です。
            風は、いつもの稲毛の北風!案の定、振れ振れなのですが、楽しい当たり・悲しいハズレが不規則で、順位をキープするのに一苦労なレース展開。2レース終わったところで風も落ち、しばし風待ち後、微風の中で残り2Rを同じく振れ振れの中で消化しました。
            結果、僅差で最終戦を制したのは杉田選手キラほし、2位佐々木選手、3位は潔選手となり、年間成績は、優勝4回、2位3回と出場したレースでは磐石だった佐々木選手が2017年度チャンピオン王冠2に輝きました。

             

            <結果> 成績表 ⇒
            1位:杉田    2-3-1-3( 9点)
            2位:佐々木 6-1-3-1(11点)
            3位:佐藤潔 1-2-5-4(12点)
            4位:佐藤孝 3-5-4-2(14点)

             

            夕方、いなばんに集まったメンバーは総勢11名。お風呂で冷え切った体を温めた後、ビール宴会ならびにTBF総会での熱い議論がなされるとともに、TBFポイントレースでは山本選手が各種レース参加・遠征・運営・皆勤賞ならびに全日本マスターズでのトラック便による特別貢献賞などでポイントを積み重ね優勝されました。

            <主な総会議題>
            ・フリート名表記については、改称時の登録どおり「Tokyo Bay」の英語表記を正式とする
            ・東京湾選手権:例年通り4/1(日)開催、前日プラクティスレースとするが、ISTとの併催はしない
            ・マスターズ:北海道(屈斜路湖)9/22-23・運搬方法は、フェリー・トレーラ・コンテナ案など要検討
            ・TBFポイントルール:ラブ合コンポイントは廃止(高齢化の弊害か?)
            ・スキーツアー・バーベキューなど企画しましょう
            ・来年度キャプテン:杉田さん推薦⇒賛成多数で承認!
            ・ISTでのレーティング導入は成績集計の煩雑さから見送り
             代わりにラジアルISTを前半1回、後半1回設ける(10戦中2戦)
            ・初乗り会開催日:1/4ではなく第1土曜日とする
            ・メンバー勧誘のためのポスターを掲示する

            主な表彰者は、以下のとおり (※敬称略)

             

            ●IST個人戦 成績表
             優勝:佐々木、2位:佐藤潔、3位:芳野
            ●TBFポイントレース 成績表
             優勝:山本、2位:芳野、3位:佐藤孝
            ○皆勤賞:佐藤潔、芳野、山本

             

            みなさん1年間お疲れ様でした。 (よ)

             


            (写真上:今季2回目の優勝!杉田選手、新キャプテンよろしくお願いしますグー
             写真中上:IST個人戦でチャンピオンセンターボードを取り戻した!佐々木選手王冠2

             写真中下:今年も一番精力的に活躍し貢献していただきました!山本選手プレゼント
             写真下:毎年恒例大忘年会!ビール乾杯( ^^)/▽▽\(^^ )) 新メンバー武田さんも参戦!)


            今年も大詰め、第9回IST開催[2017.11.19]

            0

               全国的に雪の便りが聞かれた11/19(日)、第9回ISTが開催されました。前日強風により帆走中止だった風は、朝のうちも強いブローため息として残っていたため、ラジアルとスタンダードが半々です。この日、千葉県大学生ヨット選手権があったせいで、海面が広く取れないためショート設定のコース1。シーズン終盤ということで、年間優勝争いをしている、佐々木選手、佐藤潔選手、芳野選手の三つ巴の争いに終始しました。
               第1R、ゼネリコのあとスターボロングでスタート。右からのブローを上手に掴んだ方が良かったようで、佐々木選手、芳野選手、潔選手の順。第2Rは、スタート直前に左に振れ、アウターから左に伸ばす艇団が多い中、いち早く右に返した、芳野選手が1上Top。しかし風が落ちた2上への上りで、潔選手が右からのパフでスルスルと前に出ます。最後は2下でコース短縮になり、佐々木選手、潔選手、芳野選手の順でフィニッシュ。
              その後、全く風が無くなり、しばらく風待ち。もうkyuダメかと思いましたが、南東に回った弱い風に合わせ第3Rスタート。しかし、やはり長続きせず、1上を回ったところから団子レース。サイドマークでコース短縮フィニッシュするまで、耐久レースとなり、このレース芳野選手が一矢を報いるも、結果は佐々木選手が逃げ切りで今季4度目の王冠2優勝!!、2位は芳野選手、3位は佐藤潔選手ということで、年間優勝争いは、佐々木選手のマジック点灯という感じになりました。
               12/2(土)はIST最終戦です。その夜は、毎年恒例“TBF年間表彰式&大忘年会”熱燗が開催予定です。久々の“いなばん”泊まり込みで飲めますし、皆さん奮ってご参加くださいね。 (よ)

              <結果> 成績表 ⇒
              1位:佐々木 1- 1-2     ( 4点)
              2位:芳野    2- 3-1     ( 6点)
              3位:佐藤潔 3- 2-3.5  ( 8.5点)
              4位:山本    6-10-3.5 (19.5点)
              5位:阿蘇谷 9- 5-6     (20点)

               

              (写真上:珍しい同着フィニッシュで得点も半々に
               写真中:佐々木選手が逃げ切り優勝!
               写真下:日が短くなりました、日の出富士山のシルエット)


              テーザー全日本選手権・稲毛にて開催[2017.10.21-22]

              0

                 当稲毛ヨットハーバーで2014年以来3年振りのテーザー全日本選手権が開催されました。
                参加艇は27艇、地元稲毛からは7艇が参加です。TBF軍団は総勢11名が運営手伝いにまわり県連とともに大会を盛り上げました。
                ■1日目
                 台風が雨秋雨前線を刺激し、ずーと降ったり止んだりの天候。30度あたりの風軸ですが、10-20度くらい振れる感じ。稲毛ならいつもどおりの振れ具合ですが、そこは全日本!
                第1Rから早々にC旗掲揚でマーク打ち変え。その後も、スタートライン設定⇔フィニッシュライン設定なども入れて、何度もマークの上げ下げの繰り返し。最若手の竹村くん、お疲れ様でした。
                コースはオールエリアが使える土曜日でしたので、広めのコースをとりましたが、ターゲットタイムの40-50分あたりで、選手のみなさんも楽しめたのではないでしょうか。
                レースの方は、地元稲毛フリートの山村-吉田組が初日Topに立ちました。
                ■2日目
                 朝から本降りながら、風は平均7m程度。一時は午前中のみ2Rだけでもやろうと準備しますが、ハーバーとの協議の結果、遠征組やこの後台風吹き上がる予報などを加味し、この日はノーレース。
                その結果、山村キャプテン&吉田組がそのまま逃げ切り!前回、稲毛開催の全日本に引き続き、またも地元全日本を制しました。
                皆さん2日間、お疲れ様でした。 (よ)

                 

                <結果> 成績表 ⇒
                1位:山村・吉田(稲毛)
                2位:伊藤・本吉(無所属)
                3位:本吉・三苫(江ノ島)⇒M1位
                4位:大橋・村岸(江ノ島)
                5位:軽部夫妻(稲毛)

                6位:長嶋・高橋(葉山)
                7位:田中夫妻(稲毛)⇒GM1位

                 

                (写真上:雨中の稲毛軍団デッドヒート
                 写真中:できない風速ではありませんが、安全をとり中止
                 写真下:内弁慶?ではないですよね。全日本チャンプ王冠2おめでとうございます)


                秋雨の中、第8回IST開催[2017.10.15]

                0

                   もみじ秋らしくというか、いきなり冬になったように冷たい雨あめが降る中、第8回ISTが開催されました。
                  今回TBFが運営当番だったことを失念しており、ちょっと朝バタバタしましたが、ダブル佐藤コンビが運営をやってくれて事なきを得ました。
                  レースの方は、軽風下、芳野選手、佐々木選手のマッチレース状態。お互いにカバーリングしながら僅差の戦いです。
                  第3Rを終え、1位2位を分け合う中、最終レースを取ったほうが優勝!というスコアーになり、迎えた最終レース。
                  上スタ気味のスタートで、下から佐々木選手が切り上がり、芳野選手を抑えつつスタートしますが、これが残念ながらリコール。リコール解消をしている間に、芳野選手がチョキラッキーに独走し、今季2度目の優勝!!
                  佐々木選手は気負い過ぎで自滅し2位。3位はラジアルでも速い山本選手でした。
                  本当に寒い海上でしたので、休む間もなく、ちゃっちゃとやってくれた運営に感謝!
                  来週は、テーザー全日本なので、みんなで運営頑張りましょう! (よ)

                   

                  <結果> 成績表 ⇒

                  1位:芳野    1-2-1-1 ( 5点)
                  2位:佐々木 2-1-2-2 ( 7点)
                  3位:山本    3-3-6-3 (15点)
                  4位:阿蘇谷 6-5-3-4 (18点)

                   

                  (写真中:逆転優勝ならず!残念でした佐々木選手
                   写真下:今季2度目の優勝王冠2芳野選手、年間チャンプ争いも面白くなってきたか?)


                  千葉市長杯_兼IST & 犬若オープンヨットレース[2017.9.23-24]

                  0
                     千葉市長杯と犬若オープン、それぞれ前週の3連休に予定されていた行事ですが、ともに台風台風の直撃予報により1週間順延。
                    そのため9/23(土)はISTと被ってしまいましたが、CYBC関さんからのご提案により市長杯とISTを併催することとなりました。
                    スタートは、OP初心者は別ですが、それ以外の子供たちやテーザーさんも一緒なので、約40艇が同時スタート。
                    落ちるかと思われた風も思ったほど落ちず、北風・平均7mに10mオーバー汗なブローが吹き、沈艇続出!ISTとしては、出艇直前にラジアルに変更した潔CapがオールTopでフィニッシュし今シーズン初優勝王冠2 スタンダード艇は厳いいコンディションでした。
                    <結果> 成績表 ⇒
                    1位:佐藤潔 1-1-1  ( 3点)
                    2位:山本  3-2-2  ( 7点)
                    3位:芳野  2-4-4  (10点)
                    4位:三浦  4-3-5  (12点)
                    (写真上:約40艇、たくさん集まりました。
                     写真下:艇長会議はルール説明も兼ねて長〜く、じっくり行われます)
                     IST終了後、メンバーは銚子へ移動。いつも盛大な犬若オープンの前夜祭で、大量の牡蠣とバーベキューでビール夜遅くまで盛り上がりました。翌日9月24日(日)、前日の強い風は落ち微風。ただ、南から入ってくる大きなウネリが風上に向かって後ろからサーフィンのように押し出すため、非常に走りづらいコンディションです。
                     1R目はサイドでコース短縮、第3Rもソーセージ無しのトライアングルでフィニッシュなど、微風に終始したシリーズでしたが、都選手が安定して上位に入り総合優勝王冠2 2位杉田選手、3位芳野選手となりTBF軍団が上位を独占する結果となりました。
                    賞品の野菜・果物・干物は毎年の事ですが、大量の牡蠣もいただいたため、それぞれの家庭では、牡蠣祭りになったことでしょう!! 2日間レース三昧、お疲れ様でした。
                    ps.自宅PCPCがクラッシュしたためアップが遅くなりました。  (よ)
                    犬若オープンヨットレース成績表 ⇒
                    1位:都   4-2-2 ( 8点)
                    2位:杉田  2-6-4 (12点)
                    3位:芳野  5-7-3 (15点)
                    4位:佐藤正 6-4-6 (16点)
                    (写真上:二日酔いもなく?元気に艇長会議
                    (写真中:船酔いしそうな大きなうねり
                     写真下:お見事な優勝!都選手)

                    北信越選手権(諏訪湖)に参戦[2017.8.26-27]

                    0

                       ちょっと遅くなりましたが、8月26日(土)-27(日)諏訪湖で開催された北信越選手権に参加された都選手からの現地レポートをアップします。

                       午前中は風が安定せずに、かなりの時間を湖面待機しましたが、結果的には微風からフルハイクまでのバラエティに富んだ風の中でレースが出来ました。
                      TBF参加メンバーの成績は、以下の通り。
                      STDクラス:杉田選手:7位、都選手:8位、Radialクラス:山本選手:3位
                       STDクラスの上位陣は中々のメンツで、上位に喰い込むのは難しい中、湖大好き杉田選手は、第1Rトップを取り、他のレースでも1上での上位が何度か見られました。都選手はぼちぼちの走りを続けてた感じで、見せ場が一度もない?レガッタ。
                      Radialクラスでは、山本選手がお見事3位入賞! 特筆すべきは、トップを取った初日の第2Rと2日目の第5Rは各日の中では最も吹いたコンディションだったという事。素晴らしきGGMですね。
                      第4RぶっちぎりDNFは謎!詳しくはご本人に確認して下さい(^_^;)
                       この時期の諏訪湖は気候が良く、晴天なのに汗ばむ事もなくとても気持ち良かったです。
                      また、レセプションはマリーナから30分車で移動し、霧ヶ峰高原の中の別荘で行われましたが、上着がないと寒い寒い程の気温差で、夜遅くには満点のキラほし星空が拝めます。一方帰路は、地獄の中央道渋滞で、表彰式後に温泉温泉とディナー食事で時間を潰して20:30に出発しましたが未だ25kmの渋滞は解消されていませんでした。。。 (み)

                      ■results スタンダード⇒   ラジアル⇒

                      (写真上:長い風待ちの湖面
                       写真中:馬刺し他のビールレセプション料理
                       写真下:レセプション会場の霧ヶ峰高原の夕日)


                      | 1/35PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM